The Cri Show Ⅲ in 武道館 6/3 参戦

この日は、

真横だから、グンちゃんのヒップラインでも観察してやろう意気込んだ。

どうせステージはまともに見えないだろうから、

別の視点から楽しもう、と。


いかんせんジャケットに隠れておしりが見えない。

ならばTシャツ姿ではどうだ!?


左腰に下げたタオルが邪魔して、あかん、、、



でも猫背と内股はばっちり♡

スタンドマイク前でのトーク時、左脚を曲げてちょっと女っぽいポーズ。

自然に可愛く似合っちゃう。



真横の席でもお仲間うなぎさんいっぱいで、そんな悲観的にならなかった。

スクリーンもサイドがどうにか見えるくらいで、

正面は全く見えなかったけど。

寧ろサイドが見えただけでも感動ものだった。



グンちゃんの登場は、

そのサイドスクリーンが仇となって全く見えなかったんだけど。

皆からは苦い笑いが漏れてたね、、、

見えない見えない!スクリーン退かしてぇ!!ってね。



お舟が上がって隙間からグンちゃんが見えた時は、

みんな大変よ!大歓声!!



ステージ前方に来てくれた時は、真横ながら一日目より近く迫力あった。

舞台のセット裏まで見えてしまうこのレアな席は、

ある意味とても貴重な体験だったのかも。

勿論アリーナ中央最前列に勝るものは無いけど。



奈落から登場したり、

キラキラした紙吹雪に包まれファンタジックな様相を醸し出したり、、、

大好きな風、真横からは鳥籠は無く、

グンちゃんの周りにはただ羽が舞っていた。



セレナーデでセリ上がり。

サイドスクリーンの向こうに目映いばかりのグンちゃんの顔が見えた。

そして改めて歌に集中、、、成程この歌唱力か、、、

古いとか言われながらもグンちゃんお気に入りの曲だよね。

セリと言う一つの見せ場で歌う思い入れのある歌なんだね。

しかと聴かせて貰ったよ。



一日目よりリラックスした様子。

怒鳴ったりもせず、優しい、家に帰ろう、甘い、ただいま。

帰したくない、とか、最高の殺し文句♡



派手さは無いけど、

アンコール以外はモノクロームで統一させて欲しかった気もする。

この公演はホール向きかも知れない。



メリやクリショ1、2の時の様な初々しい感覚がもうないのは、

それはグンちゃんも我もお互いさま。

でも楽しかった東京ドームでのウェーブをもう一度味わってみたい。

アリーナで一生懸命背伸びして観たあの日、、、



芸能界という虚構の世界に長く住み続けている人。

あざといと言えばそう見える部分もあるけど、

それ以上に人を惹きつける何かを持っている人。



色々なしがらみには目を閉じて、

グンちゃんの掌の上で転がされてあげましょう。

すっかり母性本能操られてしまった我だから、、、

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック