アクセスカウンタ

うれはのひとりごち

プロフィール

ブログ名
うれはのひとりごち
ブログ紹介
発端はテギョン★ 今はグンちゃん★我が背の君
zoom RSS

Cri-Show W Voyage ホールツアー が終わって

2017/12/16 01:10
横浜から、

始まったVoyageが14日に最終を迎えた。

わたしが参戦したのは横浜2days.


初日はいろいろと言われてるけど、わたしは楽しかったし良かったと思っている。

前知識がない分、どこから出てくるか、どう登場するのか、衣装は?とわくわく感が高い。

尤もそこそこ良席だったということが1番大きいと思うけど。


2日目は2階中央で、ほとんど見えなかった。

人と人の間から垣間見る感じ。

まともに見えたのは、高い位置にあったベッドとクリショ4丁目の場面だけ。

歌や音は確かに2日目の方が充実してたと思うけど。


1日でここまで仕上げてくるとは!!と感嘆するほどの変化は感じられなかった。


横浜はいろいろ課題を残したけど、福岡最終日はどうだったのかな。




ロキュメンタリーは感想も出ないほど落胆したもんな。

東京ドームの公演を再現というには小っちゃくて小っちゃくて辛くなった。

インタビューは、小雨降ってた風なのにどうして屋上なんかでしたんだろ。

不遜な態度も幻滅したわ。

おまけに席は2日とも同じような席だったし、せめてどちらか反対側だったらね。

ロキュメンは今までで1番ときめかないライブだった。


あら、感想がVoyageから外れてしまったわ……
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


密やかに

2015/07/12 23:53
藤森くんは、

舞台を2回観たからもういいかな、気が済んだ。

『アンドキュメント』で主役を演じた役者さん、長身で凄いイケメンだったな。

そしてイヤな奴だけど、

クールビューティなメガネくんを演じたこれまたスマートな涼くん。

この2人と並んじゃうと藤森くんちょっときつかったな、、、

ライフに残っていたら、ゆじこと共に看板息子になって行ったかもしれない。

ショーンとのコントラストもいい感じだったのにな。


でも藤森くんお目当てで観た舞台で涼くんを知って、

メガネ萌えと言う言葉を初めて実感した。

涼くんは可愛くてあったかでそしてセンスのある人。

のめり込む程ファンになったわけではないしイベントにも行ったことない。

行ってみたい気もするけど、

きっと若くて可愛い女の子ばかりだと思うから、

トウのたった私なんかが行ったら場違いね、、、

でも涼くんは常に要チェック。



そして荻ぃのこと。

もうラジオも聴かなくなったし、、、

十年来のファンだけど逢ったのは去年のリーディングライブが初めて。

その時はこれで思い残すことなくもう荻卒しようと何となく決めていた。

でも目の前に荻さんが居てお話して握手もしてもらったら、どうだ、

迷いは吹き飛んでこれからも応援して行こうと思い直した。


オールナイトイベとか荻さんのライブは女性にはちょっと敷居が高い。

またリーディングライブやらないかな、とずっと思っていた。

そしたら『あやかり草紙』が決まって、会場が何とウェストエンドスタジオ。

やだやだライフのホームグラウンドじゃない。

これは運命かしら、人と人とのつながりの不思議だわ。


一日目のソワレの方を選んだ。

前回もね千秋楽じゃなく一日目を選んだんだよね、

なぜ千秋楽を選ばなかったんだろう。

どうも千秋楽の方が人気でチケットを買えないかもと思ったらしい。

実際は千秋楽の方が余裕があったんだけど、、、今回もね。


前回桟敷席でお尻痛くなったから今回は椅子席で、と思っていたんだけど、

2列目から椅子かなという思惑が外れて椅子席は割と後方だった。

で、覚悟の最前列やや上手寄り。

目の前が舞台というのはやはりいい。


前回はノッケから荻さんが私の目の前に立ってビックリだったんだけど、

今回は下手よりの方が多かった。

まあ、目の前だと肝心の顔が台本で隠れちゃって見えないんだけど。


お馴染のシャギシャギした茶色の髪。

黒のハーフコートに黒のスリムなパンツ、そして少しヒールのある黒い靴。

インナーは白のシャツブラウス、数珠の様なネックレス。

お洒落である。


私は荻さんだけ見ていようと決めていたから、

ストーリーにはそれほど頓着しなかった。

でも集中しなくても自然と頭に入って来た、役者さんたちの腕かしら。

内容は濃すぎず深すぎず、かと言って薄っぺらでは無い。

荻さんや泰さんと言ったベテランさんの存在感に一日の長を見た思いだ。


終演後荻さんは物販に立つから、

前回の様にはお話できないかなと思ってた。

少し時間を置いて1階に行ってみると、居たよ、荻さんが。

恥ずかしい代物だけど、、、プレゼント渡しちゃった。

名乗ったら、わかってますよと言われた、、、← ホントかよ。

ずうずうしくニギニギ握手してもらっちゃった、2回も。

若くて可愛い女の子じゃなくてすまんです、、、


平素グッズを買わない私だけど、Tシャツは買おうかなと思ってた。

1万円なんて出してごめんなさい。

お釣りの7千円は使えません、、、荻さんのお財布から出たお金だと思うと。

おまけのCDはわからないから荻さんに選んでもらっちゃった。

留めにもう一度握手してもらって、、、荻さんの手凄く暖かかった。


舞台化粧してたのかな、荻さん薄っすら汗かいてて。

お洒落でやっぱり一般の人とは違うオーラ持っているなと思ったわ。

年取らないと言うより昔より若く洗練されてる感じ、不思議な人。


ホント言うとね、

藤森くんと同じく荻さんも2回逢えたからもういいかな、

荻卒かな、と思っていたの。

でもやっぱり目の前にするとだめね。

リーディングライブがまたあったら、、、また逢いに行くね(#^.^#)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


うれは、ひとりごちる

2015/07/10 19:36
グンちゃんも、

昔はオデコを前髪でふっさり隠した韓国男子の髪型だったよね。

それに、も少し男っぽかった。

それでも自国での人気は今一つパッとしなかったようで。



それで路線を変えたのかどうかは知らないけど、

いかにも日本女性が好みそうな可愛らしい容貌に。

これが当たって大ブレイク!!


『グンちゃん』人気は飛ぶ鳥を落とす勢いだった。


全盛期ほどじゃないけど人気はまだまだ衰えてはいない。


ここに来るまでお国柄の違いもあって色々あったけど。



6月の武道館で、

「これからもずっと応援してね」

と可愛らしい笑顔を向けられれば、

「キャ〜、ずっと応援する〜」

と単純に応えてしまう。


「『グンちゃん』と呼ばれるのが好き」

と言われれば嬉しくなる。



でも、

『キレイな男』の制作発表の時だったか、

「『グンちゃん』や『チャングンショウ』ではなくチャン・グンソクに戻る」

と言って、日うなとしては少し寂しくも思った。

ドラマの視聴率が伸びず結局俳優チャン・グンソクに戻るのに失敗したから、

また『グンちゃん』で売るの?


少し前から確かに自分のことを『グンちゃん』と呼ぶなと思ってた。

嬉しくもあり違和感もあった。

だって『グンちゃん』と呼ばれるのは好きじゃないんじゃないの?

子供や女の子みたくて。



TVの降板は痛かったよね。

人気商売だもん、イメージは大切。

また『グンちゃん』が恋しくなった?


「ちゃん」を付けて呼ぶのはすごく好きだからだよ。

女の子とか子供とか関係なく、親しみを込めて呼んでいるんだ。


『グンちゃん』はグンちゃんにとってこの上ない財産だと思うよ。

望んで得られるものじゃない。

華があるからこそじゃない?


「応援してね」

と言うなら、言葉だけじゃだめよ。

応援し甲斐のあるところ見せなくちゃ。

ファンの怖さ、わかってる筈でしょ。



まあね、いろいろ言うけどさ。

ハゲでもデブでもステテコでも ← 違う!!

今のグンちゃん好きだよ。

子供時代や二十歳前後のトッチャン坊やの頃よりよっぽど好き。



ほんとに色々思うところはあるし、これからもあると思うけど、

何にしてもさ、グンちゃんの掌の上で転がされていようと、


決めたんだ!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


The Cri Show V in 武道館 6/3 参戦

2015/06/06 01:58
この日は、

真横だから、グンちゃんのヒップラインでも観察してやろう意気込んだ。

どうせステージはまともに見えないだろうから、

別の視点から楽しもう、と。


いかんせんジャケットに隠れておしりが見えない。

ならばTシャツ姿ではどうだ!?


左腰に下げたタオルが邪魔して、あかん、、、



でも猫背と内股はばっちり♡

スタンドマイク前でのトーク時、左脚を曲げてちょっと女っぽいポーズ。

自然に可愛く似合っちゃう。



真横の席でもお仲間うなぎさんいっぱいで、そんな悲観的にならなかった。

スクリーンもサイドがどうにか見えるくらいで、

正面は全く見えなかったけど。

寧ろサイドが見えただけでも感動ものだった。



グンちゃんの登場は、

そのサイドスクリーンが仇となって全く見えなかったんだけど。

皆からは苦い笑いが漏れてたね、、、

見えない見えない!スクリーン退かしてぇ!!ってね。



お舟が上がって隙間からグンちゃんが見えた時は、

みんな大変よ!大歓声!!



ステージ前方に来てくれた時は、真横ながら一日目より近く迫力あった。

舞台のセット裏まで見えてしまうこのレアな席は、

ある意味とても貴重な体験だったのかも。

勿論アリーナ中央最前列に勝るものは無いけど。



奈落から登場したり、

キラキラした紙吹雪に包まれファンタジックな様相を醸し出したり、、、

大好きな風、真横からは鳥籠は無く、

グンちゃんの周りにはただ羽が舞っていた。



セレナーデでセリ上がり。

サイドスクリーンの向こうに目映いばかりのグンちゃんの顔が見えた。

そして改めて歌に集中、、、成程この歌唱力か、、、

古いとか言われながらもグンちゃんお気に入りの曲だよね。

セリと言う一つの見せ場で歌う思い入れのある歌なんだね。

しかと聴かせて貰ったよ。



一日目よりリラックスした様子。

怒鳴ったりもせず、優しい、家に帰ろう、甘い、ただいま。

帰したくない、とか、最高の殺し文句♡



派手さは無いけど、

アンコール以外はモノクロームで統一させて欲しかった気もする。

この公演はホール向きかも知れない。



メリやクリショ1、2の時の様な初々しい感覚がもうないのは、

それはグンちゃんも我もお互いさま。

でも楽しかった東京ドームでのウェーブをもう一度味わってみたい。

アリーナで一生懸命背伸びして観たあの日、、、



芸能界という虚構の世界に長く住み続けている人。

あざといと言えばそう見える部分もあるけど、

それ以上に人を惹きつける何かを持っている人。



色々なしがらみには目を閉じて、

グンちゃんの掌の上で転がされてあげましょう。

すっかり母性本能操られてしまった我だから、、、
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


The Cri Show V in 武道館 6/2参戦

2015/06/05 00:32
席を思うと、

あまりテンション高まらず、ライブビューイングも観てるし、、、

とは言えやはり心ははやる。


武道館。

なんかTHの時より人多くねぇか?

そう言えばあの時アメ貰ったけ、今も大事にしまってあるよん

時間つぶしに公園内お散歩したりしたなぁ、

あの時も両日2Fでへこんだけど、センターステージだったから割と良く見えたのよ。

でもね、今日はね、、、花道ないと言う事だし、、、


何だかんだで着席。

何だそれほど遠くないじゃん、そりゃ近くは無いけど。

全体見渡せる。

ポール・マッカートニーの東京ドーム2Fと比べたら、

武道館なんて狭いもんだ。

2月のGIFT以来のグンちゃんとの再会。

ずっと待って我慢して漸くだもん、楽しまなくちゃ。


グンちゃんは上手上空折り紙のお舟に乗って登場。

ライブビューイングも観てる筈なのに全然頭に残っていない、、、

それともホールとアリーナは違うのか?

ふんわりとした髪、

笑っていいともに出演した時のがわいなグンちゃんを彷彿とさせる、

彼がそこにいた。

紗幕が開かれると、

どんよりとした視界が晴れ一気に華やいだ雰囲気に。


グンちゃん声あまり出なくてバンドの音に押され気味。

以前の我なら、プロとしての意識が低いとか思ったけど、今回は何も思わない。

声ひっくり返るのも御愛嬌、躓くのもがわいい、座ったまま歌うのも許す。


、、、どうしちゃったの、我?


その時その時で本心を語っているのだろうけど、

グンちゃんは言葉だけのきらいがあるから、、、我、諦めちゃったのかな、、、

毎度毎度体調が悪いと言われたら、もう信じるも信じないもない。

グンちゃんが怒った声出しても、一々傷ついたり過敏に反応しない。

これはグンちゃんのテレよ、うなぎと掛け合いする程の仲だもん。


ギターを持ってもやっぱりムギョルに見えない、、、

でも、髪上にくくってのお願い!マイバスは、ムギョルが居たよ。

グンちゃんはムギョルだった。

大好きなすごく歌って欲しかった曲。

サンキュ、グンちゃん、歌ってくれて。

この時のグンちゃんは2011年香港時さながらの麗人

ヘアスタイルによって可愛かったり美しかったり、女ぽかったり男っぽかったり、

今もってグンちゃんは不思議なコ。


先の予定を教えてくれないグンちゃんが何となく不安定に思えて、

スクリーンに映るこのままで僕は充分幸せだの文字を見ると、

涙がじわっと溢れてくる。

可愛く微笑んでいつまでも応援してね、なんていじらしく言われたら、

何もかも忘れて応援したくなるし泣けて泣けてくる。

わざとらしい作り笑顔したり、、、

それがまたたまらなく魅力的ときてはなんともはや、、、


泣く程好きな鳴らない目覚まし時計は無かったけど、

風は今一番好きな曲、幻想的な鳥籠の中のグンちゃん。

うんちゃかうんちゃかしてた一緒に作ったメロディのコミカルなダンス

団長さんの股間を指でくるくるしてたのはこの時かな。

グンちゃんがハアハア言いながら歌うの大好き。

カメラに向かって指ペロちゅう


この日はステージ全体を見渡せてモノクロームの世界を味わう事が出来て、

取り敢えずは満足。

武道館を満杯にするグンちゃんの人気に改めて感心そして安堵。


ただ正直ホールのレポを読んで、グンちゃんの歌唱力とか盛り上がりとか、

すごく期待してたけど、この日は実際肌で感じることは無かった。

ホールとアリーナの違い、アリーナ前方席と2F後方席の違い、

人それぞれ感じ方の違い、色々あるとは思うけど。


二日目はそれを踏まえて臨もうと思った。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


The Cri Show V in 武道館 前哨戦

2015/06/04 22:16
待ちに待った、

けれど当日が来てしまうのもちょっと怖い、そんなCri Show Vin 武道館。

思えば当選発表のドキドキ、チケットが届いて開封する時のドキドキ。

心臓によろしくない、我かなりの小心者故。

毎度の自分の席運の無さを思い、武道館だから良席は無いだろう、と、

がっかりしないように心して、、、

そうは言っても我も人の子、もしかしたら、、、


、、、ああ、やっぱり2F後方席でがっかり、FC1次なのに。

同日届いた3日のチケットはモバイル枠の注釈付きだから、

これは当然期待していない。

案の定2F後方真横。


モバイルはチケットのために入ったけど、これまで当たったことが無かったし、

そろそろ潮時かな、と思っていた。

でも一縷の望みをかけて、、、

FC2次にも申し込んでいたから、2次の方で当たったのかと思った。

ローソンでロッピが反応しないので焦ったが、

ためしにモバイルの方で入れたら、出た。

注釈付きとはいえまさかモバイルで当たるなんて、、、

やめようと思っていたのに。

心読んでいるのかな、不思議。

こちらは残念ながらピクチャーチケットでは無かったけどね。


さて、あちらこちらから聞こえてくるアリーナ席当たった!!の声声声。

ちょっとやさぐれもしたけど、誰がアリーナ席だと知ったところで、

自分の2F後方席は変わらない。

キャノンテープいっぱいゲットしたところで、

クルクル丸めてケースに入れてしまい込むだけじゃん、、、



、、、うわwwwwwwwwん、、、
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『THE CRISHOWV』ライブビューイングを見て

2015/05/23 18:34
これまで、

少し辛口な呟きも見かけたけど、ライブビューイングを見た限りでは、

いいライブだと思った。


とは言え、

あんなにグンちゃんのアップを見たのにもう記憶が薄らいできている。

憶えていることの断片でも、、、



大きなスクリーンの向こう側、

グンちゃんはどういう登場の仕方をするの?

グンちゃんはどういうタイミングで客席に降りるの?



スクリーンに映し出されるグンちゃんは変わらず美しい。

少しホッとする。

同時に自身を魅せる技術に感心して見惚れた。

口の開け方、泳ぐ視線、、、色っぽい。



これまでのCRISHOWを回想するかのシーン。

ああでもバンドを執拗に映さなくてもいいわ。

悪いけど彼らは紹介の時だけで充分。

メインはグンちゃん、わたしはグンちゃんを見に来たのよ。



幻想的で少し感傷的な演出。

グンちゃんの内面の投影図のような鳥籠のシーン、、、深い。



でもライブビューイングはやっぱりもどかしい。

どこか映画を見ているような気分。

これはライブなんだ、

場所こそ違え今グンちゃんと同じ時を過ごしているんだ。

自分に言い聞かせ意識を引き戻すこと数回。



衣装替えで、

例のミリタリー調のエキゾチックなジャケットで、

リズムを取りながら下手より登場。

リズムの取り方変、己に酔いすぎか?


わたしこの時ムギョルが登場するのかと思った。

髪、頭のてっぺんで結ってるし、、、


その前ギター持って歌ってる時はムギョに見えなかった。

髪型違うしムギョはも少し痩せてるし、、、

みんなはこの時ムギョに会ったのね。


で、いつまでたってもギター持たないし、

わたしの前にはムギョたんは現れませんでした。



ビューイング前に漸く聴いたCD。

『鳴らない目覚まし時計』が、未練たらたらで女々しくてセンチメンタルで、

でも、いじらしくて愛おしくなる歌詞が凄く好きになって、

グンちゃんの甘ったるい声にも母性を刺激され、涙涙。

でもビューイングでは泣けなかったので、

武道館ではしっとりとしたアレンジで歌いあげてくれたら、なんて。


お舟に乗って登場した時には泣けたわ、、、



後半、上手下手と走り回るエネルギッシュなグンちゃん。

声もよく出て伸びてた。

どこか華奢な印象があって、歌も動きも全てが完全無欠じゃないところが、

グンちゃんのいい所。

キャリア20余年でもまだまだ伸び代充分だね。

カッコよかったわ。



ライブビューイングは今回で3回目。

何だかんだ毎回、

行って良かったと思う。

特に今回は武道館のみ参戦だから、ステージの全貌が見られて良かった。



長いツアー、毎回高いテンションを維持するのは大変。

グンちゃんは幸せなのかな、、、いらぬお世話なことも思ってしまう。

老婆心てやつ、、、

グンちゃんは大丈夫だよね。



最後に「アイシテル」と言ってくれたあなた、

たとえビューイングのカメラを意識した上としてもうれしいもんだ。


かつて、

うなぎのために死なない体が欲しい、

そう言ったあなただから、

わたしはいつまでもあなたから離れられない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ホールツアーには参戦していないけど一筆

2015/04/12 18:55
岡山、、、


言葉は悪いかもしれないけど、グンちゃんは一日目の罪滅ぼしをしたかったんじゃないかな。

だから二日目踏ん張った。

痛み止めの注射とか打ったのかな。


わたしの考えは二日目も一日目に合わせるべきだったと思う。

それが一日目しか参戦できなかったうなぎに対する礼儀、思いやりでしょ。

アンコールはいいとしても客席に降りるのはね……ある意味これツアーの目玉だもん。


そうなると他の都市では降りたのにってまた攻められるかもだけど。


絶対言わないつもりだったのなら、おしりが痛いこと最後まで言わないで欲しかった。

公演後に「実はあの時こうだったからごめんね」ってメッセージをくれたら、

うなぎはそんな分からず屋ではない筈。



公演前に風邪をひいたり体調崩したりって、グンちゃんには珍しいことじゃないよね。

プロ意識が甘いって指摘されても仕方ないんじゃないかな。

不調でも何となくやり遂げてしまえるから、もし失敗してもうなぎは許してくれるから――

それじゃいけないんだって自分でも言ってたよね。


京セラドームでも風邪ひいてステージ上で咳もして、これからは体調を万全にして臨みますって言ってた。

その時は本心からそう言っているんだろうけど、いつまでたっても有言不実行じゃないですか?

もしかして日本うなぎ甘くみてますか、舐めてますか?


こんなこと言わせないで。



これまでも言いたい事いっぱいあったけど時期を逸してしまった。

今回は敢えて、グンちゃんを好きだからこそ、だよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


憂愁のうなぎ

2015/04/12 17:14
グンちゃんと目が合った♡!!

グンちゃんが私だけを見てくれた♡♡!!!

と瞳の中に南十字星チカリのうなぎさま。


羨ましい!!実に羨ましい!!!


わたしはと言えば、

グンちゃんはわたしだけを見てくれない……


花道に来てくれたと思えばタオルで顔隠してるし、

フロートとやらに乗れば明後日の方向向いてるし、

水鉄砲向けてくれたら水切れだし、


バレンタインの時なんて前に来てくれたところで何か落としたらしくかがんじゃって、

そのまま通り過ぎちゃったわ。

二度目の時はみんな立ち上がっていたから彼奴の頭のてっぺんしか見えなかった。


何なのごれーーー!!!

こんなんばっかよぉ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ライフに揺れながら

2014/04/21 02:32
暫く、

ツイッターで気ままに呟いていたんだけど、ツイって遡るのめんどいのね。

ブログもそうだけど時間かければお目当ての記事を見つけられる。

ツイはPCが途中でハングアップしちゃうの。

で、久々のブログ。


最近好きなスタジオライフについて。

存在は昔から知っていたけどなかなか観る機会がなくて、

去年漸く「Lilies」を観ることが出来た。

で、FCにも入っちゃった。

初めて観た舞台で「彼」の男ぶりに惚れて担当に選んだの。

だから他のチームのを観ていたら担当さんは別の人だったかも。

これは運命としか

Birthday cardも可愛くて一生懸命な人柄が出てた。


他にも気になる人はいるんだけど久保くんとか藤波くん、

チケットのもぎりしてもらった。


「少年十字軍」の時サインしてもらった藤森くん

色白できれいで笑顔がすてきだった。

「Lilies」の時はきれいだけどわたしのタイプとは少し違うな、と思ったんだけど。

最近藤森くんがとっても気になるの。

だから「トーマの心臓」に名前が載ってなくて残念。

エーリク似合いそうだけど、もしそうなったら確実に藤森くんに堕ちてたな、わたし。

でもそうじゃなかったからもう少し待てと言う事なのかしら。

担当さまが引き止めたのかな、オレだけを見ろ、って。← 誰じゃ?


おの付く人のファンになった時はCD聴いて、あ、この声いいな、

と思ったらもうファンになってた。

グンちゃんの時は「聞こえますか」を聴いてその歌の上手さに、即うなぎ。

みんないきなりなのね。


藤森くんもそうなるかなと思ったんだけど。

うーんもうなりかけてるかな。



ところでおの付く人妻帯あそばされましたの、漸く。

結構前から薄々わかってたの、伊達に長くファンやってません、とね。

だから言動が白々しいとか思った時もあったけど見届けようと決めたの。

で、見届けましたから、お内儀と末永くよろしくやってくだされ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


写真展

2013/08/06 02:52
グンさんの、

ライブビューイングの後David Sylvianの写真展に行って来たの。

平素出不精な私なので出掛けたついでと言ってはシルくん悪いかしら。

お台場は一番家から近かったから選んだんだけど、

写真展は表参道だからこんなことなら渋谷にすればよかったかなと思ったわ。

でも渋谷だったら当たらなかったかもしれないしね。

これでいいのだ。


写真展は、なんか簡素な感じ、無料やし、、、

でもここにデヴィッドも来たんだ、そう思うとちょっと感慨深げ。

写真の印象は止まっているという感じ。

静寂と寂寥、デヴィッドらしいな、とも。

昔から憧れていた人の一端に触れた、垣間見た、それが嬉しかったし、

この人がいまだ話題に上るのも嬉しかった。

写真集はちょっと手が出なかったけど。


Opening party、デヴィッドは体調不良を理由に欠席。

諸事情あったんだろうけど後味悪かったね。

デヴィッドが出席することが一番のご馳走だもん。

彼を一目でも見られるなら、とわたしも行きたかった。

でもライブハウスなんて場違いな気がしてやめた。


いつかスティーヴと兄弟そろって来日コンサート開いてくれないかな。

実物見てみたいなぁ。

写真展だけは行こうと思って。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ライブビューイング面白かった(^^♪ こういうのも悪くない

2013/08/06 02:20
グンちゃんは、

やっぱりかっこよくてとてもチャーミングな男だった♡

お台場はきみぺ展以来だな。

始まる前にツルピカなおでこを見せつけてかわいくご挨拶。

映画館だからって気を抜いちゃだめだよとかそんなこと言ってたような、、、

登場して姿を見た刹那、

色々あるけどライブのこの時だけはこの人に心を預けてみよう、そう思った。

でも、一々見え隠れする裏グンソク。

我ながら過敏になってるなぁ。

歌は上手くなかった。

初日配分間違えて今日は声出にくいからうなぎたち助けてって。

いいけどさ、これうなぎにだけ通用することだよ。

私、基本歌手は座って歌ってはいけないと思う。

声出にくいだろうし、

グンちゃんの歌手としてのキャリアを思えば座って歌うなんて生意気。


肉厚な上半身は猫背なせいもあってか余計もっさり。

そういえば腰の動きも大人しかったね。

湿布見せたりして、お前は一体幾つなんだー!

パンツ引っ張り上げてた、2回も、そこは可愛かった。

うなぎのツボを心得たサービス。

でもま、レイン以降は声も出てて上手かった。

こうでなくちゃ、私がグンちゃん好きになった決定打は歌の上手さなんよ。

口パクは無しって前もって言ったし。


笑いを誘うトーク、あくびの真似したりふざけたり。

少し気まぐれな気もしたけど間の取り方に余裕があって、

人に見られること見せることに慣れていてそこはさすがにキャリア20年。

グンちゃんは全てわかっていると思う。

でも変わる気は無くて思うままに生きる。

昔から変わっていないんだと思う。

色々な雑音が耳に入ってきて、変わったのは私の方だから、、、

ついて行けない時もある。

でもまあ、スクリーン越しに投げチューもウィンクも貰った

髪型とかもう少しセンスが欲しいかな。


それとやっぱり「ばか」はいけないでしょう。

たとえうなぎに対する愛情あふれるジョークだとしてもね。

他人さまにむやみに使ってはなりませぬ。

わかっていても私はズキンと来たよ。

思わずひどーいって声あげちゃったもん。

例えば語尾にハートマークが付く様な口調ならいいけどね、俳優さん。

これもうなぎ限定だな。ばか

結構グンちゃんの口調ってきついなと思う時がある。

わたしが繊細過ぎるのかしらん、ふふ。

ついでに、お行儀の悪いとこもやだな、テーブルに足のせたり。

頭叩いたりもね。

ママは嘘ついちゃだめと教えたけど、そう言う事は教えなかったのかな。


おっとこの辺でやめておこう。


 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「ねぇ、おれのことすき?」 「ばかね、あたりまえじゃない」

2013/04/20 01:46
いつだって、

本当のことなんて本人以外にはわからない。

だけど火の無い所に煙は立たない、とも思う。

楽しくないからすっぱりとうな卒したい。

それができないのは信じたいと言う気持ちがどこかにあるから。


いつもなら切れるおやが今回は意味深につぶやくだけ。

それはファンミを目前に控えているからなのか。


誰か一人に絞るよりそこそこ遊ぶくらいにして欲しいな。

相手の顔が見えるのはイヤだ。

変わるつもりはないだろうけど。


誰を好きになっても結局はこういう気持ちに行きつくから、

もう他の人のファンになる気もない。


男はみんなばかだし、ばかは死ななきゃ治らないし。

そんな男を好きな私も、おばかさんね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


おなごあんちゃんなおや

2013/04/15 23:51
もう、

大分前のことだけど、お気に入りのブロガーさんが、
私やっぱりグンちゃんのお鼻がだめ、と言ってうな卒してしまった。

私もそう言っておさらば出来たらいいけど、グンちゃんのお鼻好きだからなぁ。
山根の方じゃなくて穴の方、お鼻の穴可愛いんだもんな。

苦手な十代の頃の写真見ても、うな卒出来ない。
そういうことよ。


おやがいつどこで誰と何をしようと私には知る由もないし、
縦しんば知れたとしてもどうすることも出来ないもんね。


王子さまキャラからのチャラ男への変貌の差が激しいので、戸惑ってる。
でもまあいいや。

武道館まであと38日。

FC1次、今回も初日の方かなと思ったら最終日の方当たった。
やっぱり最終はとっても嬉しい。
2次がだめでもいいやって感じ。

2次は今まで一回しか当たったことないし、どうかなと思っていたんだけど、
なんとこれが当たったの。23日だからなのか。

幕張とはえらく違うのでチケの売れ行きが少し気になったりしてね。

とにかく武道館2days行かれるので、カウントダウンイベがだめでもよしとする。
体力も付けないとな。


Narure boyのおやには正直萌えまてん。レゲエか。
もっとさり気ない素敵でセンスのいい写真撮れると思うんだけど。
きれいなお顔が売りだとしてもさ。

DVD見ないCD聴かない私ってどこまでのうなご?

モバイルもチケ当たったことないからもうやめちゃおうかな。


おとこねーちゃんて男?んじゃおなごあんちゃんは女かな?
いいや、おやはおなごあんちゃんで。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夢を再生できたら

2013/03/31 19:36
おやの、

夢を見た。

TVのCMに出てたんで、
グンちゃんだ!!オファーあったんだって頭の片隅で思いながら、
録画出来たらいいのにって。

お風呂に入っているようだったけど、何のCMだったんだろ。
海パンはいてたけどプールじゃなくてバスルームだったと思う。

淡い色調でモノクロっぽかったけど一応カラーだったな。
上手く文章に出来ないけど結構長くて素敵なCMだった。
夢を再生できるといいのに。

顔はこんなで、海パンはクリショの時前が開いてたと言うあのチェック柄だった。
画像


ブログでお風呂やプールの動画見ていたからだろうな。
勿論海パンの前は開いてなかったよ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


節約節約ピッポッパ

2013/03/30 01:43
以前、

TVで節約生活を送る夫婦が紹介されていたの。

古民家で田舎ライフを楽しむクリエイティブな芸術家夫婦。

旦那さんちょいイケメンの外人さん。

印象に残っているのは、

ベーコンを炒めた後に出た油を器に集めて涼しい場所に保管、

固まったそれをバター代わりにパンに塗って食べていたところ。

コクのある塩味風味で美味しいんだろうな。

試してみたいけど私ベーコン食べない、カロリー高そうでしょ。

よく朝食はカリカリのベーコンに目玉焼き、なんて言うけど、私はロースハム派。

今はね、父と言うスポンサーも亡くなったから、私も出来るだけ節約生活。

前はお残ししていた肉の脂身も今は食べるよ。

勿体無いもん残せない、血、肉、栄養になると思うとね。

欲しい物は躊躇いながらも結局買ってしまったけど、

今は本当に必要なものかよく考えてからにしてるの。

CRI-Jからメールが来た時DVD即予約するところだったけど、

堪えて検討することにしたよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


空元気なおや

2013/03/26 01:52
私は、

ドラマよりライブの方が好きだから、ドラマを渇望しているわけじゃない。

だけど「演じている時が一番幸せ」ってかつて言っていたよね、おやは。

なのに「俳優を忘れてた」って。

幕張でもそんなこと言ってたっけか、よく憶えてないけど。

ジョークにしても同じこと繰り返し言わないで。


ルイの事故のこと病院のこと、本人が一番よくわかっていると思う。

わかっていなかったら本物のおばかちゃんだわ。


何かにつけて騒動が持ち上がるのも、

「全て私の不徳の致すところです」

とは決して言わないんだろうな、おやは。


心配するのはうなぎの勝手、オレはZIKZIN!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


軽佻浮薄なおや

2013/03/25 00:04
なんか、

能天気やね、いいけどさ。

こっちは一月から体重が3キロも減ったと言うのに。

ええ、例の騒動による心労のせいですわ。


ルイに守ってもらったと言うけど、

案外ルイの方から浮ついてるおやに砌を付けたんじゃないの?


どうもチャン家はご子息の躾を誤ったようですな。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


おやには少なからず失望

2013/03/24 00:22
お墓参りに、

行ってきた。

うちの方は桜まだ満開ってわけじゃないけど、それにしても早いね。

あっという間に咲き誇って散っちゃうんだろうなぁ。

帰りは例によって一駅歩いた。

そう、美容と健康と節約のために。

こんな風にしてDVDやチケット代捻出してると言うのに、

おやはドンペリ振り撒き、すっころんで死んだふり、、、チェリちゃんの靴に、、、

お前それ飲めよ。


交通事故起こしたばかりなんだから少し自粛したら?

うなぎに対する心配しないでのアピールだとするなら、もっと別な形でしなされ。

たぶん違うね、楽しんでるとこ見せつけてるだけかも。

なにそれ、自慢!?
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


今日このごろ

2013/03/19 05:29
いろいろと、

思うところはあったけど、書く機会を逸したら記憶が薄まってきちゃった。


先日、タイムシフトギリギリでにこどん見たよ。

なんていうか、ドキドキ感は昨年の新年パーティの方があったなぁ。

今回わくわくもしなかったよ。

まぁ、昨年ははずれちゃって行かれなかったし、それに生だったしね。

心配もしたわ。

うん、昨年のパーティはほんとによかった、心底グンちゃん好きだったもん。

いちばん好きなのはたこ踊りのあと、

お得意の三段ポーズ(勝手に命名した)で決めるところ。

ここDVDには収録されていないとこ、ウィンクもカットだった。


でもさ、幕張の前にCD聴いたけど、頭に入ってきやすいサウンドだよね。

何気にフレーズが頭の中でぐるっぐるしてる。

やっぱりBIG BROTHERの音楽センスは抜群だな。


日本ツアーが終わって息つく暇もなく北京、上海。

この人は動いてないといられないんだろうね、そういうのがお好みなんだわ。

こっちも寂しいのホッとしたの言っとられんわい。

しかし、北京でのおやぶんのファッション、話題性に事欠かない人ねぇ。

ま、いいんでないかえ、、、私がマネジャーなら止めるが。


そして上海公演。

上海は写真いっぱい上がってるから良いわねぇ。

しかし、椅子の上に乗ってるじゃんか、うなぎたち。

日本よりサービス過多な気がするのはヒガミか、、、

衣装も上海の方が好きじゃ。

おなかのタトゥは少し悪趣味な気がするけども。

おやぶん細いのにおなかはぷにぷになんだね、可愛いけどちょっと複雑。

テギョンやムギョルはもっと細かったんだもんね。


私がグンちゃん好きなのは、自分が楽しむため。

その楽しみが薄まってきている今、

応援し甲斐が無くなるような真似だけはしないにして欲しい。

グンちゃんを信じるとかずっと付いて行くとか、そういうのはない。

優柔不断だからうなぎ卒業とかも出来ない。

こっちの気持ちがたゆたっている時、

「オレは白のビキニが好きだ」のとどめの一言。

グンちゃんの方から離れて行ってくれた、そう思って少し気分を楽にしよう。


一歩引いて生ぬるく見て行くことにする。

先ずは、迷ったけど台湾盤は買わないに決めた。

どうせパッケージ開けもしないだろうし。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

うれはのひとりごち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる